プリペイド携帯電話SHOP

ヤマダモールで探す

ヤフーで探す

DeNAで探す

アマゾンで探す

法人の方へ


企業での利用価値は?


社員としては、自分の携帯電話はプライベートのものなので、会社に電話番号を知られたくないし、仕事の電話はかかってきてほしくない。ましてや、仕事のため の通信費を自分で負担したくない。自分で負担したところで、電話代を会社に請求しても、たぶん支払ってもらえない・・・。

会社としては、社員に通信費を負担させるというのは反発が強いので、会社側が通信費を負担することになるが、もちろん通信費は抑えたい。以前はテレホンカー ドを支給していたが、公衆電話がなくなってきていて、探し回らなければならない。連絡が取れやすいようにといって、一般契約の携帯電話を持たせたら、いく ら使われるかわからない。

結論、会社にとっても満足いく答えが「プリペイド携帯電話」となったようです。

社員は、プライバシーを守れるし、電話代を負担しなくてよい。一方、会社は、プリペイドなら基本料がかからないし、残高分しか通話できないので、通信費を抑 えることができる。簡単な用件ならメールでやりとりすれば、さらに通信費を減らせる。また、携帯電話なら、公衆電話よりも連絡がとれやすい、というところ が受けているようです。

公私識別


会社所有と個人所有の電話機使い分けにより、面倒な通話明細仕分け業務から開放。管理コストを大幅削減します。

通信費の把握・管理


プリペイド携帯電話はその名のとおり、前払い方式です。あらかじめ通信費として購入した通話カード分以上の「経費」「費用」は発生しません(充電の際の電気代は除きます)。予想外の支出ということはありえません。

ま た、一般契約では、月ごとに先月の通話料の請求書をみて、1回線ごとの通信費を計算しなければなりませんが、プリペイドでは単純に(使用した通話カード 代) × (枚数)ですので、通信費の経理把握がカンタンです。うまく使えば通信費だけではなく人件費も抑えることができます。